肩関節の施術例

症例3 男性 40代 碧南市

症状・症歴

左肩が痛い。
2週間くらい前から左肩が痛くなった。こういったことは何度も繰り返しており、いつもはシップ貼って接骨院へ行けば良くなっていたが、今回は3,4回通うも良くならない。薬局で買った痛み止めのくすりもあまり効いた気がしない。最近忙しく、だいぶん疲れはたまっていた。
肩関節施術例3の画像

他の症状

疲れている。

施術の内容と経過

肩関節の動きが硬い。120度くらいで痛くて動かせない。肩の筋肉(僧帽筋)がだいぶん硬く、症状のある左だけでなく、右もずいぶん硬くなっていた。
僧帽筋は肩こりだけでなく全身の慢性疲労具合が表現されるところであるが、腕を動かす筋肉でもあるので、腕の動きと関連性が深い。
2回目来院時には痛みの程度の変化が現れ、4回目来院時には腕の動きよりも首の動きによる症状に変わり、時間も朝起床時に限定されてきた。
5.6回目にはほとんど良くなり、卒業となった。

⇒その後奥様が紹介で来院され、調子よく過ごしているとご報告いただきました。ありがとうございます。

症例2 女性 40代 碧南市

症状・症歴

右肩から腕が痛い。右腕が上がりにくい、後ろに回しにくい。カーデガンなどの上着を着たり、後ろで帯を結んだりが痛くてつらい。
半年くらい前から何となくおかしく、放置していたが良くならない。
以前に同じような症状が出たことがあったが、その時は近所の接骨院に通院し治まっていた。
今回は肩こりや頭痛も強く、体全体を何とかしたいと思い来院した。
肩関節施術例2の画像

他の症状

肩こり、頭痛

施術の内容と経過

安静時の痛みはなく、動かせないわけではないが、可動域が狭く動かすと痛い。という状態で、こういう場合は筋肉の緊張が取れると直後からずいぶん楽になるケースも多い。
肩こりも強く、圧痛も強かった。肩(僧帽筋)の緊張は肩こりだけでなく、全身の慢性疲労や筋緊張を表しており、このままでは体は良くなることができない状態といえる。
背骨を調整して全身のバランスが整い筋緊張が緩むと肩こり頭痛が柔らかくなった。腕を動かしてもらうと、可動域は広くなっていたが、痛いことは痛いという感想だったが、身支度で上着を着たときに痛み無く着られたことに気付いた。
3回目来院時には横から腕を上げる動きの硬さが残っていたが、その他の動きはかなり楽にできるとのこと。術後には横からもしっかり上がるようになった。以後は不定期であるがメンテナンスの来院をしている。

症例1 女性 40代 碧南市

症状・症歴

左肩関節が痛い。
半月前からだんだん動きが固まってきた。夜寝ているときも痛く、特に腕後ろに回らない。どうして痛くなってきたのか、思い当たる原因は無い。
肩関節が痛くて腕も上がらないので四十肩を心配して来院した。普段から首肩のコリは強いが、治療院の類は初めて。
肩関節施術例1の画像

他の症状

首肩のコリ感。

施術の内容と経過

腕を前から上げるのは痛むものの上まで上がる。横からは90度くらい。後ろにはほとんど動かない。
仰向けに寝ていただくと、腕に響く痛みがある。首の斜角筋と言う筋肉も押さえると痛く、腕に響く痛みが強くなる。
痛みは肩にあるので肩の問題と考えてしまいがちだが、この場合は腕に首からの神経症状が現れていることと、首の筋肉からの関連痛が出ていると考えられた。
背骨を調整後は仰向けに寝ても腕に響く痛みは減り、就寝時の痛みも減り寝やすくなる。肩の動きは3回終了時までは横ばいであったが、4回目来院時にはぐっと動きやすくなり、ほとんど可動域いっぱいまで動くようになった。
全身の指標も改善しており、卒業となった。