肩こりでお悩みのあなたへ。

あなたは、
肩こりの女性

  • 肩が重くてどーんとする。
  • 肩がこってつらい。
  • まるで肩に何かがずっしりと乗っているみたい。
  • こりすぎて頭が痛い。
  • 頚が気持ち悪い、重い。
  • 肩だけでなく背中まで痛い。
  • 腕まで痛い。
  • 首を回すと肩の方がズキっとする。
  • 長年ずっと肩こりに悩んでいる。…など

そんな肩こりや肩の状態でお悩みではないですか?

また、そんな症状に対して、シップを貼ったり、自分で揉んでみたり、お風呂で温めてみたりして。
またはネット、テレビでみたストレッチをしたり、筋トレしてみたりして。
コリをほぐそうと頑張ってみたことがあるのではないでしょうか?

ひょっとしたら、それでも「うまくいかなかった…」なんて体験もされているかもしれません。
実は肩こりは、患部に直接手当てしても解決できないものが多いのです。

肩こりについて

一般的に「肩こり」とは、どういう状態のことなんでしょうか。

項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。(Wikipediaより引用)

Wikipediaにも書いてあるくらい、肩こりと言えば「僧帽筋や肩周りの筋肉」の問題とされています。
僧帽筋は背中にありますが、腕の運動に関わる筋肉です。ですから、肩こりだけでなく腕の動きや可動範囲などにも影響します。

僧帽筋には肩こりのツボとして有名な肩井(けんせい)というツボもあります。
そのちょうど肩井のある辺りに肩こりを自覚されている方、すごく多いですし、「ここを揉むと気持ちいい」「ここに鍼を打って欲しい」と言う方も当然多くなります。
しかし、僧帽筋や肩周りの筋肉が堅いからと言って、そこに力を加えても肩こりが解決することは少ないのです。

確かに肩こりの人は僧帽筋や肩周りの筋肉が堅くなっています。
ただ、筋肉が硬いことが問題なのではなく、「僧帽筋や肩周りの筋肉を堅くしたまま、緩めることができない状態である」ことが問題なのです。

どうして、緩めることができなくなっているのか。
それは原因が肩の筋肉にあるわけではないからなのです。

どうして肩がこるの?

肩こりはからだの状態の現れです。肩こりなどで悩み、整体院などへいらっしゃるかたの多くは、慢性的な疲労が蓄積されています。
また、身体の自然な動きに無理があったり、スムーズな連動性がなくなってしまっています。

すると身体は、もっと悪くならないように筋肉に力を入れて防御します。このことが過緊張を起こしている状態であり、コリといわれる良くない状態の正体です。
結果として肩こりなどのこりや痛みなどとなって出てくるのです。

それを見つけて調整することで、身体全体が良くなり、肩だけでなく、こっているところが解放されるように緩んできます。

本来の問題を解決せずにコリだけをゆるめると、身体は現時点よりも良くない状態へ将来進んでしまうかもしれません。身体の防御反応を問題の有無に関係なく解除してしまうのですから。

ですから、症状(肩こり)として感じているものは問題の本質ではありません。肩こりの部分だけでなく、身体全体への調整が必要になるのです。

そうすることで、悪くならないように防御する必要がなくなり、肩こりは自然と緩むことができます。

あなたの肩こりに、私ができること。

すぎやす整体院が肩こりを訴えるあなたにできることは、

  • 肩こりの局所を何とかするのではなく、身体自体の不具合を調整し、あなた自身が自然と良くなるように。
  • 無駄な負担をなくして、本来もっている自己調整力が存分に発揮できるように。

していくお手伝いです。

「肩こりだから肩揉んでくれ」のご希望には、残念ながらお応えできません。
当院の施術方針とは異なるからです。

もしも、あなたがここに書いてある肩こりのメカニズムや当院の考えにご納得いただけるなら、きっとお役に立てると思います。
身体自体を整えることで肩こりだけでなくさまざまな問題が解決に向かうことが報告されています。
治してもらうのではなく、あなた自身で良くなっていくことを実感していただきたいと思います。
 

肩の施術例をこちらで紹介しています