腰痛について

腰痛のイラストあなたは

  • 腰が痛くて辛い。
  • 腰が伸びにくいことがある。
  • 病院でもらったシップを貼っているが改善しない。
  • ぎっくり腰を繰り返している。
  • 腰が痛くて座っていられない。…など。

の症状でお悩みではないですか?

それで、シップを貼ったり、コルセットを巻いたり、ネットや本で見つけたストレッチや腰痛体操などをして見たり…して解決してみようと挑戦したことありませんか?
または、運動不足が原因と考えて、運動を始めてみたこともあるかもしれません。

ただ、腰痛は腰だけを揉んだり、暖めたり、シップを貼ったりするだけでは、なかなか改善しにくいものなのです。
それは腰痛の原因は痛いところと別のところにあることが多いからです。

腰痛について

腰痛は日本人の8割以上の人が障害のうちに経験するともいわれています。経験せずに済む人は幸せだと思いますが…。
すぎやす整体院へ来院する方も腰痛を抱えている方はとても多いです。

レントゲン検査のイラスト痛みを抱えて病院へ行ったことのある方はご存知と思いますが、病院での診断はレントゲンやMRIといった画像診断が大きな意味を持っています。

骨折している、感染症や腫瘍が見つかるなど、整体鍼灸の適応外となる原因が画像診断で見つかった場合は、病院での検査・治療が第一選択でしょう。

しかし、腰痛など骨格筋系の痛みといわれるものの場合、画像診断の結果みつかる構造上の異常(椎間板ヘルニアや変形性関節症など)は必ずしも痛みの原因を示しているとはいえないとも言われはじめています。

椎間板ヘルニアは痛みの原因になるの?

例えば、腰椎椎間板ヘルニア。腰痛や足の痛み、シビレの原因としてよく話題にあがります。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ただ、この椎間板ヘルニア、実は腰痛を感じていない方の腰を調べてみても画像所見上、異常が見つかる場合が多くあります。
画像所見としてヘルニアが確認されても、本人は腰痛を感じていない場合もあるということです。

このことは、ヘルニアの画像所見があるからといって、そのことが痛みの原因のすべてではないということを示しています。

ヘルニアを取り除く手術をしても、痛みが緩和されないこともよくききます。
もちろん手術でよくなったという話も聞きます。しかし、そうでない話もよく聞くということです。
特に、当院には病院での治療がうまくいかなかった方の来院が多いものですから、偏りがあるかもしれませんが。

では、腰痛について、どんな風に考えているの?というと、当院では痛みの原因のほとんどは筋肉にあると考えています。

腰痛を引き起こしているのは筋肉!?

筋肉が硬く緊張すると痛みを発し、場合によっては、硬くなった筋肉の場所から離れた場所に痛みを感じるようにもなります。

腰痛の場合では

  • 骨盤の筋肉
  • 背骨の筋肉
  • 腹筋

が痛みを起こしている筋肉と考えていますが、こういった部位の筋肉が硬くなっているから、腰に痛みを感じているという仕組みを考えています。

実際に患者さんの身体を確認すると、骨盤の筋肉が硬くなっていることはすごく多いのです。そして、その筋肉の緊張を緩めると、制限されていた動きが改善され、痛みも緩和されていきます。
画像診断で問題があるとされている方でもです。

筋肉が緊張すると関節の動きが悪くなりますし、筋肉が関節を作っている骨同士を強く引き寄せるようになりますから、関節の圧力が高くなります。
ヘルニアについては、この圧力によって飛び出してしまうのではないかという考えもあり、私もこの考えに同意します。
ヘルニアは筋肉が緊張している結果のひとつに過ぎず、痛みの原因ではないということです。

どうして筋肉が緊張してしまうの?

では、どうして骨盤や背骨回りの筋肉が硬くなるのか。それは身体の防御反応であると考えています。

腰痛で悩まれている方の多くは慢性的な疲労を抱えていたり、自然な身体の動き、連動システムを失っています。
すると、身体には負担や無理がかかります。そのままでは、もっと辛い状態へと悪化していくことが予想されます。

そこで、これ以上悪くならないように、筋肉に力を入れて防御している状態が、筋肉の過緊張となり、腰痛などの痛みとなっています。
問題は腰だけでなく、全身にあるのです。

本来の自然に動ける状態にを取り戻すことで、筋肉は自然と緩み、痛みも緩和されます。
 

腰の施術例をこちらで紹介しています